タグ別アーカイブ: タイムライン

Facebookイベントを自分のタイムラインにシェアする方法


Facebookイベントを、自分のタイムラインに投稿する方法です。

尚、シェアをするには、そのイベントに「参加予定」「未定」のどちらかでなければなりません。

パソコン・スマホ、両方のシェア方法を掲載しますが、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンだと初心者さんには少しややこしいかもしれません。
その場合、パソコンでの操作をお勧めします。

パソコンからイベントをシェアする方法

続きを読む

一覧を確認しながらFacebook友達を削除する方法


年末だFacebookも大掃除

無闇に承認しすぎたら

Facebookがよくわからない内に、友達リクエストを承認していたら、知らない人ばかり増えた。これは、あまりよくありません。なぜなら、個人情報を盗むための架空アカウントが紛れている可能性もあるからです。

今回は、Facebookの友達一覧を確認しながら、友達を削除する方法を解説。特にFacebook初心者さん向けです。

確認しながら削除する手順

続きを読む

Facebookで友達のタグ付によるトラブルを防ぐ方法


Facebookのタグ付け怖い

増えるタグ付けトラブル

奥さんに仕事だと言って嘘をついて出てきたのに、Facebookで飲んでいる姿を写真にタグ付けされて、嘘がバレて、帰ってから家で散々大喧嘩。などなど、Facebookで写真にタグ付けされる事で、それがタイムラインに出てきて、思わぬトラブルを招くパターンが多くなっています。

今回は、写真にタグ付けされても、それの公開許可の有無を、自分で決められる、Facebookの設定方法を書いておきます。

続きを読む

Facebookページの記事のトップ固定の方法と期間制限への対処【訂正記事】


訂正記事

 先にFacebookページの記事のトップ固定について、私の勘違いから誤報を流してしまいました。大変、申し訳ありません。

該当記事:【記事訂正とお詫び】Facebookページの記事のトップ固定は期間制限がなくなった?

 この度、その内容の訂正とお詫びを兼ねて、記事のトップ固定についての正確な情報と、期間制限の縛りへの対処法について、書きました。ご参考ください。

記事のトップ固定の機能とは

 この機能は、Facebookページの管理人が使用できます。

 今までに投稿した記事の内、一つだけを選んで、常にページのトップに表示させる事ができる便利な機能です。 

Facebookページのトップに固定

Facebookページのトップの固定記事

 上記の画像にてオレンジが付いたリボンマークがトップに固定された記事です。具体的には下記の特徴があります。

  • 投稿した記事は、古いものでもトップに固定できる
  • 但し、トップに固定して7日間経つと解除され、タイムラインにあった、元の位置に戻る
  • 解除されても、再度、指定すれば、トップ記事に固定できる

トップ固定の方法

続きを読む

二千万人突破!LINEって何?という中小企業の社長に送るミニ解説


日本人の6.5人に1人がLINEを使っている?

LINE公式ブログ

LINE登録ユーザー数が世界4,500万人・日本2,000万人を突破!― LINEは新しいステージへと進みます―より

 いつの間にか、スマートフォンアプリのLINEの利用者が、2000万人を超えました。しかも、このLINE、一年前には影も形も無かったのに、1年で2000万人!

 尚、2012年内で、総ユーザー1億人。国内ユーザー4000万人が目標だそうです…

 やっと、TwitterFacebookが分かり始めたのに、LINEって何だ?とお思いの中小企業の経営者の方々にLINEの特徴と、ビジネス活用の可能性について簡単に解説します。

LINEでなにが出来るの?

続きを読む

企業の勘違い。Facebookページは見られていない事実を知れ!


巷にあふれる大きな勘違い

 Facebookビジネス活用について、いろいろな相談を受けますが、中でもお金を払って立派なFacebookページを作れば大きな成果が得られると勘違いしている中小企業が多い。

 そもそも、Facebookページ自体は、顧客から、ほとんど見られていないという事実すら、知らない方があるようです。

 Facebookページは制作よりも、運用(投稿)の方がはるかに大事という、データを示します。

圧倒的にニュースフィード

 下記に、私が管理をしている、Facebookの活用法BOTという、Facebookページの 2012年6月の一週間のデータを示します。

Facebookページで見られるのはニュースフィード

続きを読む

特にアメブロの人!ブログをFacebookへ自動投稿は損します


使うならFacebook公式サービス

 岐阜の友人である、ホームページから受注を取りまくりの中村ワークスの中村さんのFacebookの投稿を見て、アメブロを自動投稿するのは損するよ、とアドバイスをしようと思いつつ、これは気づいていないアメブロガーが多いので、サクッとブログに書きます。

 アメブロの自動投稿もそうですが、Facebookではない外部サービスを使って、自分のブログ記事の告知をFacebookに投稿すると損をするので、Facebookの公式サービスを使いましょうね、というお話。

続きを読む

企業の広告塔になりたくない人に送るFacebook設定の見直し


漫画で伝えるソーシャルメディア

あなたのFacebook投稿が広告に

 株式上場後のFacebookは、収益性を上げるため、広告展開に力を入れており、ニュースフィードへの広告記事の表示が増えました。中でも、Facebookページの記事にいいね!をしたり、自分のタイムラインで特定のリンクを紹介したりすると、それが広告として出稿されるパターンのものが多いです。

 当然、広告の出稿範囲は、プライバシー設定に基づいて、無闇矢鱈には出ず、基本的に、あなたの友達のみに表示されます。また、個人情報が広告主に渡されることはありません。その辺りの詳細は、Facebook公式の説明の『広告のしくみ』をご参考に。

 とはいえ、特に日本人の場合は、自分が企業の広告塔に使われるのが嫌だという人が多いのは想像できます。(私は平気ですけど…)

 今回は、なるべく自分の投稿が企業の広告に使われない為のFacebook設定の手順を説明します。

続きを読む

中小企業のFacebook活用。有効な懸賞系プロモーションとは?


この記事は、タイムライン化したFacebookページに懸賞系アプリの導入法まとめと一対です。

是非、そちらもご一読ください。

プレゼントあげる

いつのまにかFacebookでは懸賞が花盛り

「数万名様に発泡酒が当たる!」という懸賞など、facebook 上で行う商品・サービスの提供型のプロモーションが盛んになってきました。

これは、懸賞を使うと、Facebook ページをいいね!してくれる、ファンが短期間で集められる、という利点があるからでしょう。

更には、企業が無料でプロモーションが実施ができるFacebookアプリなどもあって、ますます懸賞系は花盛りです。

しかし、これらの懸賞は、本当に中小企業にとって有効なのでしょうか?

続きを読む

タイムライン化したFacebookページに懸賞系アプリの導入法まとめ


この記事は、中小企業のFacebook活用。有効な懸賞系プロモーションとは?と一対です。
是非、そちらもご一読ください。

プレゼント

タイムライン化!実はFBアプリに注目

facebook ページに新しく、タイムラインが導入されるにあたり、実は有効性を増すのが、Facebook アプリを使ったプロモーションです。

実際、私のfacebook ページである、Facebookの活用法BOTに、懸賞系のアプリで、プロモーションを組み込むと、こんな感じになります。

続きを読む