企業の広告塔になりたくない人に送るFacebook設定の見直し


漫画で伝えるソーシャルメディア

あなたのFacebook投稿が広告に

 株式上場後のFacebookは、収益性を上げるため、広告展開に力を入れており、ニュースフィードへの広告記事の表示が増えました。中でも、Facebookページの記事にいいね!をしたり、自分のタイムラインで特定のリンクを紹介したりすると、それが広告として出稿されるパターンのものが多いです。

 当然、広告の出稿範囲は、プライバシー設定に基づいて、無闇矢鱈には出ず、基本的に、あなたの友達のみに表示されます。また、個人情報が広告主に渡されることはありません。その辺りの詳細は、Facebook公式の説明の『広告のしくみ』をご参考に。

 とはいえ、特に日本人の場合は、自分が企業の広告塔に使われるのが嫌だという人が多いのは想像できます。(私は平気ですけど…)

 今回は、なるべく自分の投稿が企業の広告に使われない為のFacebook設定の手順を説明します。

 


投稿を広告にさせない設定手順

1.Facebook広告 の設定に飛びます

https://www.facebook.com/settings?tab=ads

2.外部広告の設定と編集 と ソーシャル広告を編集の設定を、それぞれ「非公開」にします

外部広告の設定と編集

第三者が表示する広告

ソーシャル広告を編集の設定

広告と友達

3.これだけの手順で、Facebook広告にあなたの名前は使われなくなります


スポンサー記事は適用外

但し、これだけ設定をしても、下記のようなニュースフィードにでるパターンの広告に、あなたの名前が使われることは止められません。

facebookニュースフィード広告

 ニュースフィード広告は、ニュースフィードに通常に出る、投稿や、いいね!をしたなどの状況通知と殆ど変わりません。唯一、右下に「スポンサー広告」ってのが出ているので、広告だと分かります。

 つまり、Facebookとしては、「ニュースフィード広告は、殆ど広告色は無くて、通常の友達に見えるのと変わらないから、これくらいの広告は許してね!」ということなのでしょう。

 まあ、ユーザーは無料でFBを使っている訳ですし、広告に使われるのが嫌な人も、それくらいは許してあげるべきだと思います…。

いいね!に注意

Facebookのスポンサー記事はいいね!に注意

 上記はセクシー居酒屋さんのFacebookページで、綺麗な店員のお姉さんの写真に、いいね!を押したら、友達に広告として出ちゃったよ!の図です。

 こんな感じで、いいね!をホイホイと押しまくっていたら、自分の意図しない記事へのいいね!が、ソーシャル広告で垂れ流され続け、自分の友達に知れ渡る。こんな事件も起きるわけです。

 つまり、自分の意に沿わないFacebookページのファンになったり、記事にいいね!をしたりすると、思わぬダメージを受けることもありますから、特に男性は、くれぐれもご注意くださいcheeky

ソーシャル広告は恐ろしい?

 ここまで書くと、ソーシャル広告は恐ろしい事だらけに見えますが、自分の応援している企業や友達が、Facebook広告を出していれば、そのFacebookページの記事をシェアするだけでなく、いいね!をして上げる事で、応援にもなりますよね。

 ソーシャル広告がどういう原理で動いて、自分がどう行動すると、友達に何が伝わるかを把握しておけば、それほど、恐るべきものでもないかとは思いますが、どうしても嫌な人は、前述の手順で、設定を切っておくべきですね。

今回のまとめ
自分の価値観に応じて、広告設定を見直そう


インターネット動画の中小企業成功事例バナー

動画戦略コンサルタント坂田誠の自己紹介


シェアする

This entry was posted in Facebook and tagged , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.