投稿者「nyattta」のアーカイブ

2021 日本のTikTok利用者調査/TikTokは10代のSNS、と勘違いしている経営者は詰んでいる件


TikTokの日本の利用者数、及び利用率

2021年の最新データが公式で見当たらないので、株式会社はちえん。が調べてみました。

調査方法

TikTok広告で表示されるリーチ数から、「日本」在住で「日本語」環境のユーザー数を使用。調査日は2021年7月17日

日本の世代毎ベース人口は、国勢調査の2015年データに5年経過として試算

尚、ささっと速報的に調査した数字ですし、TikTok広告のデータがどこまで正確なのかという不明点もありますので、今回の結果は正確なものというより、おおよその傾向として捉えてください。

続きを読む

気付かない「関与売上」Googleマップだけは絶対に管理すべき理由とは



Googeマップ(Googleマイビジネス)は絶対

Instagramや YouTubeはやらなくたって店は潰れません。
しかし、Googeマップ(Googleマイビジネス)は管理しないと、新規客が訪れず店が潰れます。

実際、Googleマップのレビューの悪評が祟って、特に新規顧客がとれなくなり潰れてしまう店が、今も数多くあります。

やらなくても巨額な関与売上

続きを読む

経営者へ。2020年は見極めないと破滅に向かう?



あけまして、おめでとうございます。
新年もよろしくお願い致します。

今回は中小企業・自営業の経営者さんに
「2020年は見極めて手立てを打たないと、会社や店を潰す年になるかも」
というオドロオドロしい話です。

2020年の景気予測

オリンピックがあるのに景気減退?

今年はオリンピックもあるし、きっと日本の景気が良くなると思っている経営者もいるようです。
しかし、「2020 景気予測」で検索して記事をみれば分かりますが、予測のほとんどは「景気減退」という論調です。

続きを読む

キャッシュレスセミナー講師依頼サイトができました


キャッシュレス講師オファーに感謝

2019年に入って、キャッシュレスがテーマの講師オファーを多数、頂いております。
誠にありがとうございます。

今回、講師依頼についてのご案内サイトを制作致しました。

キャッシュレス決済セミナーで人気講師をお探しの方へ

商工会議所や商工会・行政で、企画ご担当者様は一読いただき、依頼が殺到しているため、お早めにお問い合わせください。

データで分かる!Googleマップ集客に力を入れない店は潰れる?



「店舗であれば、SNSやブログをやるより、真っ先にGoogleマップで集客対策をするべき!」
とSNS系セミナーでも、散々に言っています。
今回それがデータで証明されましたので、ご紹介。

無料で圧倒的集客

岐阜県各務原市のカフェカーロさん。
ここは、うちの方でGoogleマップで集客対策の指導を2017年10月に行いました。
続きを読む

キャッシュレス決済の最新情報は新ブログに



キャッシュレス決済ブログ

キャッシュレス決済は新ブログに

2019年、どんどん話題が出てくる多いキャッシュレス決済。
スマホ決済・QRコード決済などの最新情報や、ビジネス観点から見たキャッシュレス活用などの情報は、当ブログではなく、noteに立ち上げた、キャッシュレス決済をテーマとした新ブログにまとめています。

小さなお店のスマホ決済アドバイザー 坂田誠

当ブログは引き続きSNSやWebマーケティングについての記事が中心になります。
新ブログ共々、ご愛顧頂けましたら幸いです。

PayPay、LINE Pay、キャッシュレス決済のおすすめ情報源



はちえん。

キャッシュレス決済乱立

PayPay、LINE Pay、楽天Pay、ORIGAMI PAY、ゆうちょPayなどなど。
QRコード系のキャッシュレス決済が一気に増えて、情報量も膨大。最新動向の把握はビジネスに必須ですが、それは大変な作業です…。
時間がなくて多忙な貴方に、効率よく情報が得られる、お薦め情報源をご紹介します。

SNSで最新情報を得る

やはりスマホ時代ですから、最新情報はSNSで得るのが一番です。
SNS運用コンサルの株式会社はちえん。が、日々の新しい情報をまとめて、各SNSに情報提供しております。
あなたの使っているSNSでフォローして、最新情報をチェックしましょう。

【Facebookページ】
キャッシュレス決済、Qrコード決済の最新情報局
続きを読む

たった3文字「パスタ」とTwitter投稿したら、あっさり奇跡がおきた



Twitterの恐ろしい実力とは

フォロワー0人アカウントが投稿したら

さて、皆さんに問題です。
SNSでフォロワーが0人のアカウントが投稿をしたら、その投稿は何人が見るでしょうか?
普通に考えれば、見てくれる人(フォロワー)がゼロですから、どう考えても、見る人も0人になるのが、当たり前です。
しかし、そんな当たり前が、Twitterでは崩れ去ります。

0人のTwitterで投稿してみた

最近、Twitterの実力を測るためにある実験をしました。
続きを読む