特にアメブロの人!ブログをFacebookへ自動投稿は損します


使うならFacebook公式サービス

 岐阜の友人である、ホームページから受注を取りまくりの中村ワークスの中村さんのFacebookの投稿を見て、アメブロを自動投稿するのは損するよ、とアドバイスをしようと思いつつ、これは気づいていないアメブロガーが多いので、サクッとブログに書きます。

 アメブロの自動投稿もそうですが、Facebookではない外部サービスを使って、自分のブログ記事の告知をFacebookに投稿すると損をするので、Facebookの公式サービスを使いましょうね、というお話。

アメブロの自動投稿が損な理由

 もう、一目瞭然です。

アメブロの自動投稿

シェアが出来ない

 これは痛い。力を入れて書いた良い記事ほど、本来はもっとFacebook内で広がる筈なのに、その可能性を潰してしまいます。

 このシェアが表示されない状況は、Facebook公式以外の外部のサービスを使って、Facebookに投稿すると発生しがちな現象です。

ニュースフィード表示が弱い

 また、外部のサービスを使って投稿をすると、Facebookエッジランクというシステム上で表示の優先度が下がる、友達やファンのニュースフィードに登場する確率が減って、反響が落ちます。

 実際、今、アメブロhootsiteなど、外部サービスを使って、自分のタイムラインFacebookページに投稿をしている人は、パソコンから直接投稿をしてみて、いいね!数の違いなどを比べてみると分かります。

効果的な誘導ができない

 味気なくブログを更新しましたと書かれても、記事への興味は湧きづらいものです。しかし、自動投稿では、ここはどうしようもありません。

 やはり読んでもらう為には、自分の言葉で、どういう人にとって有益な内容であるのか、きちんと興味を持ってもらえる紹介文を入れるべきです。

外部サービスが弱くされる理由

 さて、FacebookにはAPIという外部に開放している仕組みがあって、Facebookの公式サービスでなくても、データを引き出したり、投稿をしたりする事ができます。それなのに、なぜ外部サービスを使うと、投稿表示が弱くされるのか?

 これは私の推測ですが、それはユーザーには、Facebookの公式サービスを使って欲しいからです。その理由は、公式サービスを使って貰わないと、Facebookの売上である、Facebook広告をユーザーに表示ができないからです。

 そうなれば当然、パソコン・iPhoneで用意している、Facebookの公式ツールを使って貰うためには、外部サービスには一定の制限やペナルティを課す事で、公式ツールを優先させることは、あたり前の事だと言えます。

ブログを読んで欲しいなら

 そういった点を踏まえて、Facebookのファンや友達にブログを読んで欲しいなら、自動投稿などの外部ツールは使わずに、下記の通りに、一手間をかけて公式ツールを使いましょう。


Facebookは公式ツールから
 ブログ記事のFacebookへの投稿は、パソコン(若しくはiPad版のsafari)の公式サイトから行いましょう。


Facebookのシェアボタン

 自分のブログ記事からFacebookのタイムラインやFBページに、手間なく投稿したいなら、ブログ記事にシェアボタンを付けて、それを押して自分で投稿しましょう。

【関連】


Facebookに投稿して終わりではない

 尚、当然のことですが、公式ツールでブログ記事を投稿したからといって、必ずブログが読まれる訳ではありません、あなたのブログ記事が、ファン友達にとって価値ある内容でなければ、逆に五月蠅い宣伝としか見られず、効果はマイナスに作用します。

 その意味では、ブログFacebookも、つながる対象はであるかを明確にして、その人達が興味を持って読んでくれる内容は何か、まずそこを徹底的に考えてくださいね。

今回のまとめ
自動投稿や外部ツールではなく、一手間をかけましょう

インターネット動画の中小企業成功事例バナー

動画戦略コンサルタント坂田誠の自己紹介


シェアする

This entry was posted in Facebook and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.