Facebookをやる前に!ビジネスで必要な「自分の原点」とは


自分の原点New

ソーシャルメディアでは人間性の評価が大事

人間関係の中で、あの人は底が浅いとか、逆に懐が深いとか、中には得体がしれないなど、人間性の評価をされる場合があります。
当然、人と人のつながりである、Facebook では、この人間性の評価が、とても大きな意味を持つのは、言うまでもありません。

さて、そもそも、この人間性とは、何によって評価がされるのでしょうか?それは、自分の原点という、ストーリーの有無が大きく左右します。

人生でやりたい事を実現する構造

人生でやりたい事を実現する構造 3WI_3W2H

この図は、人生でやりたい事を実現する手法の流れを、2段階に分けて説明したものです。

図は二つの円からなっています。まず、核(コア)となるのが、自分の原点(3WI)であり、その次に自己実現(3W2H)が在ります。
今回は、核となる、自分の原点について、説明します。

自分の原点3WIとは

自分の原点は、下記の四要素から、成り立っています。

  • 「私が/I」
    →子供から今迄、どんな経験をしてきた私が
  • 「なぜ/Why」
    →人生(企業)として何を成す為に
  • 「誰に/Who」
    →最もそれを伝え、使って欲しい人は誰であって
  • 「何を/What」
    → 商品やサービスを通して、どんなお客様の理想を実現するか

この3WIが明確である事が、「自分の原点」が確立された状態ですが、自分の原点があるか否か、確認する方法は、とても簡単。ただ、一言、こう聞くだけ。
「あなたはなぜ、今の会社(仕事)をやっていますか?」

この問いかけに対して、自信を持って、情熱的に回答できれば、自分の原点が確固して、あります。あなたは如何でしょうか?

では、自分の原点が確立されている人は、どんな事を語るられるのか。一つ、実例をお話します。

古屋市の公認会計士・税理士、勝野会計事務所の勝野弘志さん

税理士の勝野さんの自分の原点ストーリー

今回、自分の原点の事例として、書かせていただくのは、名古屋市の公認会計士・税理士、勝野会計事務所勝野弘志さんです。
勝野さんには、名古屋で弊社が主催した、自分の原点の発見のワークショップに、ご参加頂きました。

ワークショップでは、最初に、先ほどの自分の原点を尋ねる質問。なぜ、勝野さんが税理士という仕事をやっているのか、を伺いました。しかし、その時点の勝野さんの回答は、曖昧な部分が多い状態でした。
そこで、A4一枚に、先ほど挙げた、3WIの自分の限定を書きだして頂くワークショップをしていく中で、勝野さんの原点が見えてきました。

『勝野さんの原点とは』

「私が/I」

勝野さんのご両親はご商売をされておられました。昼夜を問わず、休みも殆ど無く、真面目に働かれていましたが、倒産の憂き目に遭ってしまいます。

勝野さんは、そんな大変厳しい中でも、自分を大学まで出してくれた、ご両親に感謝をしつつも、なぜ、両親が一生懸命に働いても、その努力が報われなかったのか。
それは、会社の数字を、きちんと見ていなかった、どんぶり経営に大きな原因があった。と考えたそうです。

「なぜ/Why」

そういった経験をしてきた、勝野さん。経営が傾けば、家庭まで上手くいかなくなる。倒産は絶対にしてはならない!一生懸命に事業を頑張っている経営者には、幸せな企業も家庭も築いて貰いたい。
そして、自分の人生として、それを成していきたい。

「誰に/Who」

名古屋を中心とした、中小零細企業の企業経営者に対して。

「何を/What」

企業の名参謀たる税理士として、経営者に数字の読み取り能力を身につけて貰い、しっかり業績管理も行って、安定した経営基盤を構築するお手伝いをする。

勝野さんに、自分の原点を動画で語って頂きました

これが、改めてワークショップで再認識された、税理士の「勝野さんの原点」という、ストーリーです。

名古屋にも、沢山の税理士の先生がいますが、これだけの自分の原点をしっかり話せる勝野さん。その一方で、なぜ税理士になったのか、不明瞭な他の先生。
あなたが顧問税理士を探していて、この二人の話を聞いた場合、どちらに顧問依頼を頼みたくなるか。答えは、聞くまでもありませんよね。

人の心を動かすのは、あなたのストーリー

ビジネス分野にもよりますが、商品・サービスの差別化が難しい。もしくは、商品・サービスが差別化する事ができないビジネスもあります。

しかし、あなたが今のビジネスを行うまでにあった、子供の頃の原体験から、実際にビジネスを本気で取り組むようになった出来事。そこから生まれる、ビジネスへの想い。
これらの自分の原点とは、あなたにしか存在しない、何よりも差別化された、人の心に訴えかけられるストーリー。

そして、他人から見た、あなたの人間性の評価を決める、大きな要素の一つです。

自分の原点が曖昧なまま、人間関係そのものである、facebook をビジネス活用したとしても、結局は底の浅い人のままで、信頼関係の構築が上手くいかず、到底、成果には結びつきません。

まずは、あなたが絶対に持っている、自分の原点とは何か、しっかりと見つめ直してください。

今回のまとめ
Facebookの手法論をやる前に、根本たる自分の原点を再確認する

【資料】

実際の自分の原点を出す為のワークシートはこちらです。
自分で出来る方は、実際に書きだして、自分の原点を確認してみてください。

ビジネス原点確認シート


インターネット動画の中小企業成功事例バナー

動画戦略コンサルタント坂田誠の自己紹介


シェアする

This entry was posted in Facebook and tagged , . Bookmark the permalink.