Facebook活用の成果は、時間管理が生む


あっ!Facebookをやっていたら、こんな時間!

あっ!Facebookをやっていたら、こんな時間!こんな経験はありませんか?

Facebookで年間5,000万円は時間管理から

Facebook起点で年間売上5000万円を達成している、リバイバルビジョン名古屋の穂苅社長。これだけ桁違いの成果をFacebook で出す秘訣とは、実は、Facebook を必要以上に使わない事。

Facebook をビジネス活用したいのであれば、絶対に必要な「時間管理」について、お話をします。

参考動画:Facebookで売上5000万円の営業社長に聞く

朝・昼・夜で1日2時間

さて、穂苅社長はプライベートもビジネスも併せて、1日の行動計画が、すべて事前に決まっています。Facebookも然りで、朝30分・昼30分・夜1時間の合計2時間の決まった使用時間を決めます。

 そして、Facebook を触る時間が決める事で、その時間を有効にする使う為に、どのFacebook の機能を使って、誰と交流すべきなのかも、優先順位を決めて行動することで、時間効果を大きく高めているのです。

 ビジネスにおいては、時間という限りある資産を、いかに最大限活用するかが大きな鍵となりますが、それはFacebook でも同様なのです。

リバイバルビジョン名古屋株式会社 穂苅万博社長

リバイバルビジョン名古屋株式会社 穂苅万博社長

なんとなくでFacebookを使わない

しかしながら、多くのFacebook ユーザーを見ていると、時間を無意味に浪費している状況が多く見受けられます。
これは、Facebook を「面白そうだから」という感じで使い始めて、今も「なんとなく」の状況が続いている。そんな、実態が多いのかもしれません。

最初は、なんとなくFacebookを始めたとしても、公私ともに、Facebook 時間を有意義なものに変換したいのであれば、穂苅社長と同様に、下記の2点を意識するべきです。

  • 1日の中で、Facebookの使用時間設定を明確に設定する。
  • その時間をより効果的なものにする為には、どうするべきかを考える。

ここを、わかり易く例えると、子供のお小遣いと一緒です。

子供にお小遣いを、その都度、上限なく与えている限りは、金銭感覚が身につきません。
しかし、きちんと上限設定をする事で、子供は、自分の限られたお小遣いを、どうやって有効活用するか、一生懸命に考えて、金銭感覚が養われます。

世の中を見ても、金銭管理はしっかりしている人が多いのに、時間管理はしっかり意識していない人が多い印象を受けます。時間管理も、金銭管理と同じく、大切な事なんです。

時間の優先順位をしっかりと再確認

そもそも、ソーシャルメディアを商売にしている、特殊な人以外は、ソーシャルメディア以外に、自分がやらなければいけないことが、沢山ありますよね。

漠然と、日々の成り行きでスケジュールを組むのではなく、自分の公私にわたる全ての行動に優先順位をつけ、その優先順位に基づいて24時間を割り振る。
そして、優先順位の高い行動の隙間時間に、Facebook 利用を設定するべきです。

Facebookでも、時間管理の概念をしっかり持つ。そんな事は、言われなくても、当たり前のように感じていますが、ここを明確に意識しているか、意識していないか。この差が、得られた成果として、後から明暗がはっきり表れます。

全ての人間において平等な、1日24時間。これを公私にわたって最大限に有効活用して、自分の達成すべきゴールに、1分1秒でも、早くたどり着きましょう。
なぜなら、あなたの人生の残り時間も、限られているのですから。

スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ

今回のまとめ
時間管理を常に意識して、"facebook時間"の価値を高めよう!

こちらもご参考ください
Facebookで売上5000万円は小手先のテクニックよりも行動管理


インターネット動画の中小企業成功事例バナー

動画戦略コンサルタント坂田誠の自己紹介


シェアする

This entry was posted in Facebook and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.