タグ別アーカイブ: 商品戦略

世界の山ちゃん=幻の手羽先!中小企業の弱者の商品戦略は一点突破


世界の山ちゃんといえば

儲かる企業には看板商品

 経理環境が厳しくなる中、経営が厳しくなる企業と、好調を維持している企業。二極化が進んでいます。今も好調な企業は、当然、売れる看板商品を持っています。
 看板商品とは、同業他社と比べて、大きく差別化されたもの。そして、顧客へのインパクトが強く、結果として、顧客の来店・購入を促す商品やサービスですね。

 FacebookTwitterなどの、ソーシャルメディアをやる以前の、根本的な課題。その商品戦略の重要性を、師匠の竹田陽一先生のランチェスター経営の要素を織り交ぜながら、解説の4コマ漫画も含めて説明します。

続きを読む

ドラクエから考える、社長が企業経営をクリアできない5つの理由


復刻版攻略本「ファミコン神拳」

クリアできるドラクエ。クリアできない経営

 世の社長の皆さんは、子供の頃、「ドラクエ」こと、ドラゴンクエストをやった人も多いかと思います。大抵の人はラスボスを倒して、ゲームをクリアされていますよね。子供でもゲームとしてクリアできるのが、ドラクエです。

 その一方で、企業経営はドラクエのように、簡単にクリアできません。それどころか、経済環境が厳しく、会社に「つうこんのいちげき」を食らって、瀕死の企業も多いかもしれません。

 なぜドラクエは簡単にクリアできるのに、経営は簡単にクリアできないのでしょうか?と問えば、

「所詮、ドラクエはゲームだから」

 と一言で片付けられそうですが、実は、ドラクエの簡単にクリアできる要因を考えると、経営をクリアするヒントがみつかります。

  1. 自社も顧客も見える化する
  2. 社長の願望と熱意で道を切り開く
  3. ゴールと、途中の目的・目標の道筋を立てる
  4. 事業のリスク管理をして、果敢に挑む
  5. 何を、誰に、どこで、どうやって。正しい経営戦略を実行

 ドラクエから導き出した、上の5つの理由について解説します。

 私がFacebookなどのソーシャルメディアとリアルで交流している経営者に、経営戦略の大切さを、分り易く伝えたいと思い書きました。
長文ですが、会社・社員・家族を幸せにしたい、社長さんは是非、お読みください。

続きを読む

ソーシャルメディアのビジネス活用より前に商品、地域、客層戦略


おでんアイス

何を・誰に・どこで売る?

 前回、「Facebookのビジネス成果は既に企業戦略で決まっている」の記事で、そもその企業経営に戦略がなければ、FacebookTwitterなどのソーシャルメディアのビジネス活用の成果はありえないことを、炎天下の夏祭りでどちらを売るか?という事例を元に説明しました。

戦略の間違いは戦術で補えない

炎天下の夏祭りで売れるのはどっち?

 今回は、もう少し詳しく、戦略とは何かを考えてみましょう。

続きを読む