タグ別アーカイブ: ネット選挙

夏のFacebookは要注意?票を失うネット選挙あるある予想


漫画で伝えるソーシャルメディアより

ネット選挙解禁!

公職選挙法の改正に伴う、インターネットでの選挙活動の解禁。所謂、ネット選挙が、にわかに騒がしくなっています。

今回のネット選挙では、電子メール利用に規制が入ったのに対して、twitterやfacebookなど、ソーシャルメディアの方が規制が緩く、色々なことができてしまうのが、特徴です。
(尚、ネット選挙で出来ること、出来ないことについては、こちらのサイトが参考になります)

こうなると、ソーシャルメディアが、よく分かっていない、立候補者の人たちは、きっと、こんな迷惑な行動をしてしまうだろう、ということも、すでに予想が出来るていわけです…

今回はFacebook編として、ネット選挙の迷惑行為あるあるを書きます。
立候補予定の方、これをやると票を失いますので、くれぐれもお気をつけください。

続きを読む

ネット選挙戦略とソーシャルメディアの活用法セミナーを開催します


Facebookで当選できる?

 皆さん、御存知の通り、公職選挙法の改正により、インターネットによる選挙運動(ネット選挙)が解禁になりました。

 お陰様で仕事柄、ネット選挙について聞かれることが多いのですが、ちょっとどうなの?と思う質問が多いです。

「Facebookがあれば勝てるんですよね?」
→それって、ホームページがあれば勝てるの?と同じ質問。あるだけじゃ勝てません。

「Facebookの友達やファンや、twitterのフォロワーの数が多ければ勝てる?」
→ははあ、それで意味のない友達リクエストを繰り返すんですか…。単なるスパムですよ。

 なんだか、最先端のツールをやれば当選できる的な発想でソーシャルメディアを捉えている方が多いですが、全然違います。

 やるのは、徹底した有権者との交流。つまりどぶ板選挙のままですが、そこに効率的なツールとしてソーシャルメディアを入れることで、「ハイパーどぶ板選挙」をしましょう、そういう事です。

 今回、電子書籍の収録も兼ねて、アナログなおじさんでも分かる、本当のネット選挙の戦い方について、名古屋でセミナーをします。ご興味ある人はご参加ください。

本当のネット選挙の戦い方

ソーシャルマーケティングの人が教えてくれない、本当のネット選挙の戦い方

続きを読む

首相官邸の公式Facebookページ、初投稿はいいね!ポーズ


首相官邸の公式 ページ開設

 安倍晋三内閣が誕生して、まだそれほど日にちが経っておりませんが、早速首相官邸の公式Facebook ページが開設されました。先日のネット選挙解禁の言及も含めて、ソーシャルメディア活用の展開が早いですね。

 さて、公式ページの初投稿がこの写真。

首相官邸公式Facebookページの初投稿

 なんとも、予想外のいいね!ポーズ。安倍首相の手でしょうか?

続きを読む

県知事・市長・町長、地方行政の首長3段階のFacebook活用法


日本地図

首長もFacebookを使う時代へ

 元々、国会議員・県議会議員などの政治家のソーシャルメディア利用は勿論、話題の佐賀県武雄市樋渡啓祐市長を始め、県知事・市長・町長など、地方の行政の首長のFacebookページや個人アカウントの利用が増えています

 しかしながら、Twitter時代と同じく、とりあえず登録をしただけで終わっている。もしくは、活用するかを迷ったまま。そんな首長も多いと思われますので、行政の首長がFacebook を活用する、3段階の方法について示します。

行政の首長。3段階のFacebook活用

続きを読む